株式会社リーフサイエンスは“ 健康や美容に良いとされる機能性ハーブの「モリンガ」を八ヶ岳のふもとにある自然豊かな自社農場で大切に育てています。 ”
 – Leaf  Science

モリンガとは (Moringa oleifera Lamarck) は、インド原産、ワサビノキ科の落葉小高木である。主に熱帯から亜熱帯にかけ、葉と花を香味野菜として摂食されている。

モリンガ葉にはビタミンAビタミンCβーカロテンを豊富に有し、ミネラルとしてカルシウムカリウムが豊富である。

モリンガは葉にカラシ油配糖体があるため少し辛味がある。食材としての生葉は、主に炒めて料理に添えたり、サラダやスープに入れる。種子は炒めて食し、果実(さや)はアスパラガスのような風味があり、調理して食べられている。

またモリンガの葉はタンパク質含有量が多く、この豊富なタンパク質は栄養源だけでなく、汚水を浄化するのにも利用できるという報告がなされている。

東南アジアやアフリカの地域では元々モリンガを食べていたが、近年、モリンガの栄養価が再評価されNGOや支援団体による植樹が盛んに行われるようになっている。日本でも沖縄、広島、長崎などで栽培されている。

ー長野県短期大学紀要第65号2010年12月 小木曽先生 より引用ー

​​

 

”モリンガとの出会い”

”モリンガとは(#モリンガ#リーフサイエンス)”

動画をご覧ください。

肌を生まれ変わらせるモリンガエキス配合
​   スキントランスファーリセット発売開始
ご使用いただいたお客様からたくさんの声をいただきました。
みなさま、貴重なご意見、ご感想をいただきまして、誠にありがとうございます。
今後の製品づくりに必ず役立たせていただきます。
​ お客様の声

このサイトは@2017.10 Leaf Science Corporation が運営しております

  • LinkedIn B&W
  • Facebook B&W
  • Google+ B&W